アロイゲーター

2020/07/06/ polish-g

スタッフブログ,

BLOG NEWS

ホイールのガリ傷対策
ホイールプロテクションのアロイゲーター
※ 1本からでも、交換対応できるようになりました。
お気に入りのホイール保護も
ポリッシュガレージにお任せ下さい
まだまだ、実績は少ないですが
TESLAモデルXに5台ほど施工させて頂きました。
こちらの商品はメリット・デメリットがはっきりしている商品です。
導入当時は、あまりの作業の大変さに
販売取りやめも検討するほどでした
※今は解決しました
3台目の取り付けからコツをつかみ、潤滑剤を使い
作業時間の短縮と品質向上することができました
過去の実績より、取り付け際には根本までしっかり入れないといけないこと、
根元までしっかり入れていても、特にフロントタイヤは、その場でタイヤを切る、据え切りなどをするため
そのたびにリムガードに負荷がかかり、じわりじわりと出てきてしまう場合があります。
そのため半年に一度ほどの定期的なメンテナンスも必要となります。
オーナー様の走行時の安全性を守るため
※メンテナンスは必須です
走行中にリムガードが外れると、車のボディーに激しく傷をつけてしまいます。
諸刃の剣になりかねません
今回の写真は、
1本だけダメージを受けてしまった場合のケアです。
導入当時は想定していなかった
メンテナンスの価格設定も必要となりました。
交換の際は、
古いの外し、新しいのをつけるため
通常の交換工賃+2000円となります。
【価格と注意事項】
商品代金別途
取り付け工賃
18インチまで 1本 7000円+消費税
19インチ以上 1本 9000円+消費税
※定期的にメンテナンスが必要となります。
特にフロントタイヤは、車両入れなどでハンドルを切る為に徐々に中から出てきてしまいます。
走行距離5000キロ程度にて
定期的に4〜6ヶ月に一度は、空気を抜いてホイールガードを奥まで叩いて入れるメンテナンスをおすすめしております。
※TESLAモデルXでの車両取り付け実績による
また、取り付けの際はホイールがきれいじゃないと、装着時に砂などでホイルに傷が入ってしまうため
ホイールのクリーニングも必須となります。
ホイールを守るためには、かなり強い味方となりますが、メンテナンスが必要であったり
リムガード自体が痛むと交換等が必要になるため
コストがかかることが最大のデメリットです。
TESLAモデルXは車幅は2メーターほどあり
ホイールをこするリスクが相当高いです。
22インチの高額なホイール
ホイールだけで4本で800,000もする
お気に入りの車を、少しでも美しく保つ
車両の美観保護
アロイゲーターをご検討の方、取り付ける事を検討されている方の参考になれば幸いです。
TESLAモデルX ホイール・プロテクション
【アロイゲーター】付けてみた 紹介動画 ⬇︎

このブログが気に入ったらシェアお願いします

  • トヨタ 新型ミライ 【TOYOTA MIRA…

    トヨタ新型ミライ【TOYOTA MIRAI】 白と黒2台 セラミックプロ9H CTS=COAT RAIN ホイールセラミックプロ 内装yawara leather coat を施工させ ...続きを読む
    2021/02/02/ polish-g
    スタッフブログ
  • コロナ対策

    コロナ対策を強化しました。 少しでも安心していただける 空間になりますように コロナが1日も早く終息しますように  ...続きを読む
    2021/01/29/ polish-g
    スタッフブログ
  • TESLAモデル3 パフォーマンスモデル

    TESLAモデル3 パフォーマンスモデル X-PEL ステルスフルボディ施工 飛び石からダメージを防止する ペイント・プロテクション・フィルム 通称PPFと呼ばれるフィルムがありま ...続きを読む
    2021/01/28/ polish-g
    スタッフブログ
  • テスラモデル3

    テスラモデル3 飛騨から1ヶ月前にご予約いただきました YouTubeにfacebookにとポリッシュガレージを見て いただき、トドメにYouTubeのTAKAさんの適当品質にて、ポリッシュ ...続きを読む
    2021/01/10/ polish-g
    スタッフブログ
  • モールコーティング

    腐食してしまったメッキモールも 適切な磨きとコーティングをすれば 復活しますので!! 悩んでいる方は専門店に相談してみて下さい。 欧州車に多いアルミ素材のメッキモール 国産のプラ ...続きを読む
    2021/01/08/ polish-g
    スタッフブログ